みんなのうん活 / 便秘対策 / 食事

雑穀米で便秘解消&ダイエット

投稿者:ockn1006さん
 

便秘とは、一般的に3〜4日連続してお通じが無いことを指します。
 

その原因は様々ですが、日本人に多いとされているのは、食物繊維の摂取量が不足していることから生じる、弛緩性のもの。ダイエットなどを心がけるあまり、食事の量を減らすことでも起こりうるとされています。
 

因果な話ですが、食べる量が少ないと、腸の運動量が減ってしまい、結果として便秘に繋がってしまうのだと言われています。
 

このことからも分かるとおり、大切なのは「食物繊維をしっかり接種すること」「腸に適切な運動量を与えること」です。
 

ごはんをきちんと食べる

例えば、寒天やさつまいも、こんにゃくなど、定番のものは積極的に食べて欲しいのですが、もっとも意識して欲しいのは「ごはんをきちんと食べること」。
 

近年は炭水化物を減らすことによるダイエットが注目されています。もちろん、炭水化物を減らすことで効果的なダイエットが期待できる場合もあります。
 

しかし、とある論文データを参照すれば、ごはんを食べる量の少ない人たちは、ごはんをきちんと食べている人たちに対し、総じて便秘になりがちというデータがあります。
 

ごはんには食物繊維が含まれていますし、便を柔らかくするための水分も含まれています。食べ過ぎは禁物ですが、適切な量を摂ることでお通じに良いのは言うまでもありません。
 

それに炭水化物を減らすことは、栄養を制限してしまっていることになります。決して良い方法とは言えないでしょう。
 

おすすめは雑穀米

オススメなのは、ごはんを雑穀米にすること。
 

雑穀米とは、白米に玄米、粟、ひえ、きび、ハトムギ、大麦、黒米、赤米などをブレンドして炊くごはんのことです。
 

雑穀米には、白米に対し、さらなる食物繊維、たんぱく質、カルシウム、鉄分などのミネラルが豊富に加えられています。幅広く栄養を摂ることが可能になりますし、食物繊維もより効率的に摂取できます。
 

自然とかむ回数が増えてダイエットにも良い

また、雑穀米には特有のもちもち感があるため、必然的によく噛んで食べなくてはなりません。よく噛むと、満腹中枢が刺激されるため、結果として、必要以上の量を食べる必要もなくなるのです。
 

どうせなら、ご飯を減らすよりも、しっかり食べる方が理想的です。そして、しっかり食べるからこそ、お通じも良くなるのです。便秘に良い食事を検討されている方は、一度雑穀米を試してみることをオススメします。