みんなのうん活 / 下痢対策 / 便秘対策 / 運動

赤ちゃんのポーズで便秘解消

投稿者:らむさん
 

秋は「食欲の秋」というように、カボチャやサンマ、柿など美味しい食材がたくさんあります。ついつい食べ過ぎて、お腹がゆるくなったり便秘になったりと、腸内環境が悪化しがちですよね。秋は気候もちょうど良く運動やストレッチなど体を動かすには最適な季節です。そこで、整腸作用のあるヨガの赤ちゃんポーズをご紹介します。
 

赤ちゃんポーズで便秘下痢対策

赤ちゃんポーズのやり方はまず、仰向けに寝転がり両膝を立てます。両膝を両手で抱え込んでください。その状態から息を吐きながら、赤ちゃんのように両膝を両手で抱え込み、さらに丸まっていきましょう。丸まった形で深く一呼吸して、ゆっくりと息を吐きながら仰向けの状態に戻していきます。これを、1日5回行うだけで、便秘や下痢などの症状を改善することができます。
 

生理の痛みにも

ヨガはストレス解消にも効果がありますし、赤ちゃんポーズは女性に多い、生理中の腰の疲れも軽減してくれます。食欲の秋で食べ過ぎてしまった時にやってみてください。