みんなのうん活 / 便秘対策 / 食事

野菜で便秘解消

投稿者:サクーラさん
 

春は肝の働きが高まり、胃の働きが低下する季節です。胃の働きが低下して消化に負担がかかると、腸の働きも低下して便秘になります。胃腸の調子を整えることで便秘を解消できます。
 

胃の働きが低下して便秘になる理由

体は消化活動を優先します。消化がしっかり行われてから排泄に専念します。そのため、胃の働きが弱くなって消化が十分にできないと、排泄が後回しになります。
 

胃の働きが低下すると未消化物が腸に送られます。未消化物が届けられると悪玉菌が繁殖したり、腸の負担になります。腸内環境の悪化と腸の負担が増えることで働きが鈍り便秘になりやすい状態になります。
 

胃を整える食品

甘い野菜には胃の働きを整える作用があります。春キャベツは甘味が強くておいしいですよね。キャベツにはビタミンUという胃の粘膜を保護する成分や、消化を助ける酵素が含まれています。酵素は熱に弱いので、生で食べて酵素を摂取します。
 

カブにはジアスターゼという炭水化物の分解をする酵素が含まれています。胃が重たいときにすりおろしたカブを食べるとスッキリします。
 

大根にもジアスターゼが含まれています。辛みが強い大根は胃に刺激を与えるので、葉っぱ側の甘い部分を大根おろしにして食べます。
 

胃の調子が整って消化が十分に行われれば、排泄もしっかりできるようになります。