みんなのうん活 / 便秘対策 / 食事

水分摂取で便秘解消

投稿者:Cj14さん
 

水不足で便が硬くなる

今年ももうすぐ真夏を迎えます。便秘問題を抱える人はもちろん、普段便秘問題がない人も夏場になると便秘になりやすいです。なぜというと、夏に汗腺の活動が活発になり、暑さで体中の水分がとても抜けやすくなるからです。水分が抜けると腸内にたまる便が固くなるので、便秘がさらにひどくなります。
 

こういう時にこそ、水分補給がとても大事です。もともと、人間の体の60%~70%は水でできています。その中の5%が失われると、体の活動がうまくできなくなり、熱中症や脱水症状が起こるのです。
 

便秘には普通、ストレス、食事のバランスの偏り、運動不足などの原因があげられます。水分を多くとることで、腸内活動が活発させることができます。お水を多く飲むことで、腸内で固くなっている便が水分で柔らくなり、より排出しやすくなるのです。
 

毎日2リットル飲もう

人が一日に摂取する必要な水の量は約2リットルだといわれています。汗かきやすい夏日に普段より多めにお水を飲む方がお勧めです。朝一番、夜寝る前に、お水を一杯飲むことで、便秘により効果的です。胃腸の消化を助けて、健康な便が作れて、便秘解消につながります。
 

熱中症になりやすい夏には、是非水分をいっぱい取って、便秘をなくしましょう。