みんなのうん活 / 便秘対策 / 食事

夏場の便秘は水分補給で

投稿者:RIKKAさん
 

夏に便秘が多い原因に、汗をかいているのに、水分補給が間に合わないということがあります。汗の量も目に見える水滴の汗以外にも、皮膚から蒸散している発汗もあって、体からは想像以上の水分が失われているものなのです。
 

こういう状態になっているにもかかわらず、意識的に水分を摂らないと、水分不足になってしまい、便秘になっていまいがちです。
 

特に、普段、余り汗をかかない人は、水を飲む習慣もないですし、高齢者も喉の渇きを感じにくくなっているので、便秘予備軍となりがちです。
 

汗をかいたら、一日2リットルの水を飲もう!

その水ですが、人が1日に必要とする水の量は、1.5リットルですが、汗をかいた日は2リットル以上を飲むことがいいとされています。この水にしても、ちょっとした注意が必要です。
 

例えば、お茶を冷茶にして飲んだり、アイスティ、アイスコーヒーを飲んだりすることもあると思いますが、カフェインを含んでいる飲み物は、利尿作用があるので腸まで届かず、ただ水分だけを外に出してしまうので、便秘気味の方には適しません。
 

もし、お茶として飲むのならば、カフェインのない麦茶がいいでしょう。無論、普通の水がオススメです。
 

汗から出るミネラル補給には、スポーツドリンクがグッド!

ただ、ここでも水分だけ補給していればいいということはありません。というのも、汗にはミネラルが含まれていますから、ナトリウムやカリウムなども失われてしまいますし、マグネシウムも減ってしまいます。
 

マグネシウムは、大腸の中で水分調整をし、お通じを促す役割を担っています。ですから、水と同時に、このマグネシウムを補給することも大切です。
 

こうしたミネラルを含んでいるスポーツドリンクを飲むのが、一番手早い体調保護と同時に、便秘予防策ともなるのです。粉状になって手軽に作れるタイプも市販されていますから、こうしたスポーツドリンクを作り、せっせと飲んでこの夏を乗り切りましょう。