みんなのうん活 / 便秘対策 / 自律神経

お腹を温めて便秘解消

投稿者:yuccaさん
 

1月中旬から2月にかけてを暦の上では寒中と呼びますが、文字通り、一年で一番寒い時期、寒さの底と呼ばれる季節です。
 

冷えは万病の元、女性の敵です

冷えが慢性化すると、風邪をひきやすくなったり、体の不調を感じるようになります。お腹が冷えると腸の働きが悪くなり、下痢や便秘を起こしやすくなります。
 

腸の働きが悪くなると、腸内細菌の働きも落ちるので、免疫力がダウンし、風邪をひきやすくなります。寒中は特にお腹を温めて、冷え由来の不調を撃退しましょう。
 

お腹を温める2つの方法

ひとつめ

ひとつめは、腹巻、インナー等でお腹をしっかりガードする、お風呂では湯船に浸かりお腹を十分に温めるなど、外から温める方法です。
 

ふたつめ

ふたつめは、温かい食べ物、体を温める効果のある食材を積極的に食べるなど、内側から温める方法です。
 

冬に旬を迎える、大根やニンジン、カブなどの根菜は体を温める働きがあるので、お鍋や煮物、スープ等の具材として積極的に使いたいですね。