みんなのうん活 / 便秘対策 / 運動

ウォーキングで便秘解消

投稿者:ニッチさん
 

便秘や下痢を改善するためには、朝一のウォーキングが効果的となります。とくに、外に出てウォーキングを行うことで、腸の働きが活性化し便秘や下痢になることなく生活を送れるようになります。
 

太陽の光でセロトニンを

太陽の光を浴びながら運動することで、自律神経のバランスも整うようになり腸内の働きを活性化しやすくなってきます。朝の光は、大きなパワーを持っているためセロトニンの働きを改善できるようになり、自律神経やホルモンバランスを改善でき腸を活性化できる効果を持っています。
 

大きなストレスを感じやすい方は、毎日日の光を浴びながら運動してみることで、腸の悩みを解消できるでしょう。朝一のウォーキングでは、意識的に背筋を伸ばして運動することで、高い効果を得られるようになります。
 

背筋を伸ばすことを意識することで、血行を良くすることが出来腸の働きも活発になってくるのです。運動するときには、猫背の状態で行うのではなく、意識的に背筋を伸ばしながら動く様に気を付けてみるとよいでしょう。