みんなのうん活 / 便秘対策 / 自律神経

朝の日光浴で便秘解消

投稿者:よこちょさん
 

梅雨明けはカラダに負担が

7月はまだまだ梅雨の最中ですが、後半は一転して梅雨明けする時期でもあります。今まで湿気が多いじめじめとした天気が続いていたのが、梅雨明けと共に一転して晴れが続いて気温もぐんぐん上昇します。
 

この時期は体にとっても負担になる時期です。特に暑さに体が慣れていない所に、急に気温が上昇すると熱中症になったりもしますが、何より自律神経の働きが悪くなります。そもそも人間の体は気温の変化による影響を最小限にとどめるために、自律神経が働いて調節しています。
 

だるさ、頭痛、食欲減退

しかし、急に気温が上昇したりすると、この自律神経の調節機能が追いつかなくなり、働きが鈍くなってしまい、体の色々な部分が不調になり体がだるかったり、頭痛が起きたります。
 

自律神経は腸とも密接な関係にあるので、自律神経の働きが悪くなる、梅雨時から梅雨明けにかけてのこの時期は、食欲が落ちて食事が思うように食べられなくなったりします。湿気も多く汗が出にくいこの季節は、体内に水分が溜まりやすくなるので血液の流れも悪くなり、食欲落ち安くなります。
 

朝日光と軽い運動

自律神経を整えるには、朝は光を浴び軽い運動などをして、体を目覚めさせ、夜は神経のリラックスを心がける生活リズムを送ることが大切です。