みんなのうん活 / 便秘対策 / 食事

漬物で便秘解消

投稿者:よんでぃさん
 

初夏は梅雨の時期でもあり、お腹の調子が悪くなってしまうこともあります。特にカビなどに気を付けたいものです。
初夏は梅干しやらっきょう、ぬか漬けなど、さまざまな漬け物を始める時期でもあります。日本で古くから伝わっている漬け物の食文化は、腸内環境にも良い影響を与えてきました。
 

漬物には乳酸菌が豊富

腸の働きを良くする善玉菌を増やすためには、生命力の強い植物性乳酸菌の力が必要です。漬け物には多くの植物性乳酸菌が含まれていて、善玉菌の働きを助けてくれます。
 

特に梅干しは食中毒対策にも欠かせない漬け物です。他にもさまざまな野菜の塩漬け、味噌漬け、醤油漬けなどを始めとした漬け物があります。
 

発酵食品である漬け物は独特の美味しさがあり、ご飯が進む1品です。初夏の時期はいろいろな漬け物を食べて、腸内環境を良くして、免疫力を高めていきたいものです。
 

腸の調子が良くなると健康になり、病気のリスクが軽減されていきます。初夏の時期の腸の健康を守っていくためにも、いろいろな漬け物を美味しく食べていきたいものです。