みんなのうん活 / 睡眠

目は閉じていても物を見る!?睡眠と胃腸の意外な関係性

l i g h t p o e t / Shutterstock.com

はじめに「睡眠と胃腸の関係」

夜更かしや徹夜をした翌朝、お腹がムカムカしたり、ものすごくウンチが固かったりした経験はありませんか?

このムカムカや便秘の原因は睡眠不足や安眠できていないことにあります。
腸は眠っている時に1番活発に働くので、睡眠不足や安眠できないとよなかにうんちを出す準備がうまくできなくて即便秘につながってしまうからです。
とはいっても、年始は飲み会や付き合いも多く、寝不足になってしまったり安眠できないことも多いのではないでしょうか。

今回は、忙しい年末年始に少しでも良い睡眠が取れる方法を紹介します。
それによって、あなたの睡眠不足と便秘の両方を改善できたらと思っています。

はじめにやること「安眠と腸の準備」

眠りにつく前にはあまり物を食べないほうがいいといいますが、少量の流動食や水分なら逆に腸の活動をスムーズにしてくれます。
栄養のある流動食や水分といえば、ヨーグルトや牛乳といった乳製品ですよね。

乳製品は腸の活動を活発にしてくれることで有名ですよね。
ホットヨーグルトやホットミルクにして摂取すれば寝る前のお腹の準備は万全でしょう。
ホットヨーグルトは、電子レンジ10秒ほど温めると良いですよ。
もう歯を磨いてしまったから……という方は、お白湯(湯冷まし)もおすすめです。

次にやること「部屋をなるべく暗くする」

目は閉じていても物を見る!?睡眠と胃腸の意外な関係性

ruigsantos / Shutterstock.com

真っ暗だと寝られない!!と常夜灯をつけて寝ている方もいらっしゃるかもしれません。
でも、人間の身体はちょっとした光にも実は反応しているんだとか……。
「今の寝方で十分大丈夫!!」という方は、そのままで。もし「うまく寝られなくて…」という方は試してみてください。
家族が一緒に寝ているから、真っ暗にできない……ということでしたら、アイマスクなんかもオススメですよ。

投稿者:眠民(ミンミン)