みんなのうん活 / 便秘対策 / 食事

生姜紅茶で便秘解消

投稿者:すももさん
 

これから暑くなる季節、冷たい飲み物やそうめんなどが美味しくなる季節です。でも冷たいものを食べ過ぎたり、エアコンの効きすぎでお腹を冷やしてしまっては腸活どころでなくなるのは避けたいところです。そんな今の時期こそしょうが紅茶を上手に取り入れてみることをおすすめします。
 

しょうが紅茶でお腹を温め、腸を整えよう

しょうがの辛み成分にはジンゲロール・ショウガオールという新陳代謝を高め、血行促進を促したり体を温める働きがあります。また、香り成分のシネ
オールには夏バテ解消や疲労回復の効果があります。
 

しょうがは健康増進、美容増進、ダイエットや血の巡りが悪い人にぴったりの食材なんです。また紅茶にもカテキンやカフェイン、フラボノイドなど抗酸化作用や脂肪燃焼効率をアップさせる効能があります。
 

しょうが紅茶の飲み方

体の中を温める効果を高めるのなら、やはりホットで摂取するのが一番です。夏はクーラー負けして冷えてつらいという人にはぴったりです。それでも、夏場にホットは飲めない!という人は氷を一つ入れて常温程度にして飲むのもいいでしょう。
 

あまり冷たすぎるのはNGです。それだけ気をつけたいですね。
 

紅茶に入れるしょうがはしょうがパウダーをティースプーン1杯を紅茶1杯分に入れます。また最近はしょうがをおろしてそのまま混ぜられる小さなおろし器なども活用すると便利でしょう。
 

便秘解消には水分補給が大切です。しょうが紅茶は体を冷やさず、水分補給ができ、腸を元気に整えてくれるでしょう。