みんなのうん活 / 下痢対策 / 食事

塩分と下痢

投稿者:かもめさん
 

真夏になると脱水症予防のためにスポーツドリンクを飲んだり、塩飴を舐めたりして水分と塩分を補給される方も多いでしょう。大量の汗をかくために体は無意識に塩分を欲しています。スイカに塩をかけて食べたり、きゅうりの塩漬けなどが美味しくて、夏は塩分が高めの食事になりがちです。しかし、脱水症予防のために良かれと思ってやっていることが、思わぬ事態を引き起こしていることがあります。
 

塩分の摂りすぎで下痢?

夏に続く下痢の原因は、塩分の取りすぎである可能性があります。塩分は、人体の水分量の約0・9%で保たれています。そのためにこの数値以上の塩分濃度になった場合、不要な物は汗や尿で排泄されることになります。
 

それだけでは、排出しきれない場合は、便して排出されます。正常な便の排泄とは過程が違うために下痢となるのです。
 

減塩しすぎても下痢?

しかし、逆に減塩を意識しすぎることも下痢の原因の一つです。
 

塩分に含まれるナトリウムなどの電解質は、人体に必要な成分ですので、排除しすぎると下痢になってしまいます。高血圧や心臓病、脳疾患予防のために減塩生活が推奨されるこの頃ですが、何事もやりすぎはよくありません。
 

真夏に下痢が続くとしたら、一度塩分の摂取を見直してみてはいかがでしょうか。