みんなのうん活 / 便秘対策 / 自律神経

便秘解消には毎朝トイレにきちんといく

投稿者:ひかまなさん
 

便秘の人ってトイレにいく習慣がないんですよね。出ても出なくっても、毎日朝はトイレに入る習慣をつけた方がいいです。
 

人間っておかしなもので毎日だいたい同じようなリズムで生活したくなるんですよね。朝や夜、通勤途中に居眠りしている人はだいたい同じような時間帯に家にいても眠くなるでしょ?お昼や夕方も、だいたい同じくらいの時間になるとお腹が空いてくるでしょ?
 

これがちゃんとした体のリズムが出来ている証拠です。自律神経が動いてくれているおかげなんですね。このリズムをトイレにも作ってあげなければならないんです。
 

起きたらまずトイレにいく

朝、起きてまずトイレに行きます。それから顔を洗って食事をします。
 

食事はできれば飲み物も取るといいと思います。冷たい飲み物は体を目覚めさせるのにいいと思います。でも冷たいのは苦手だし、寒い時にはなかなか飲みづらいので、温かいものでも大丈夫です。
 

夜、睡眠時間中に使って体の水分を補給するという意味でも食事で水分をとるのは大事です。もし、牛乳を飲める人であればコップ一杯の牛乳に黄粉をスプーン一杯まぜて黄粉牛乳を飲むと、お通じに効きます。
 

食事の後、着替えをするタイミングでトイレに行く時間を10分くらい作ってください。例え、出なくてもトイレに座って”今はトイレの時間だよ~。”と体に覚えさせます。
 

無理に出そうとしなくて良い

この時、無理やりいきむ必要はありません。お腹を軽くもんだり、”トイレの時間だよ。”と自己暗示をかけるくらいで大丈夫です。

毎朝、毎朝そういうリズムを自分で作ると自然と同じ時間にトイレに行かないと気持ち悪くなると思います。
 

そして、朝のこのトイレの時間を作るためには起きる時間を考えないといけないですよね。また朝の起床時間が決まると、夜の睡眠時間もだいたい決まって来ると思います。
 

要するに、便秘解消の秘訣は規則正しい生活リズムを作るといいってことですよね。規則正しい生活リズムはやはり健康の秘訣です。健康な人って実は便秘な人が少ないのですよ。