みんなのうん活 / 便秘対策 / 食事

蓮根で便秘解消

投稿者:バブルスさん
 

腸内環境と花粉症には深い関係が

花粉症は目や鼻に現れる症状なので、腸とは関係ないと思っていませんか?ところが、腸内の環境と、花粉症との間には、切っても切れない深~い関係があるのです。
 

乳酸菌で腸内環境を整える

花粉症がアレルギーの一種であることはご存知だと思います。アレルギー症状が出ているときの腸の中は、たいてい、便秘をしていたり、悪玉菌が多く、腸壁に細かい傷がついた状態になっていて、そこから、アレルギー物質が体内に取り込まれやすくなっています。
 

そのアレルギー物質に対し、免疫が過剰に攻撃するようになってしまうと、花粉症などの症状も悪化するというわけです。腸内環境をよくしてアレルギー物質を取り込まないため、乳酸菌を積極的に摂ることが有効です。
 

さらに、この食材をプラス。8割以上で花粉症が軽くなったというデータも!

さて、その、乳酸菌ですが、それだけでなく、「ある野菜」と一緒に摂るとよいといわれています。その野菜とは…。
 

なんと、レンコンだそうです。

 

レンコンには、消化管粘膜を保護し、腸の働きを整えてくれる作用があります。乳酸菌と、レンコンの成分を含むサプリメントを、3ヶ月間一緒に取ってもらったところ、80%以上の人で、花粉症が軽くなったというアンケート結果もあるそうです。
 

レンコンをおかずにして、乳酸菌が豊富なぬか漬けやキムチ、納豆を組み合わせた献立で、腸内環境を改善し、つらい季節を乗り切りましょう!