みんなのうん活 / 便秘対策 / 食事

便秘解消にたまねぎ氷

投稿者:ななさん
 

玉ねぎが乳酸菌のえさになる

玉ねぎの甘み成分はオリゴ糖です。そのオリゴ糖が乳酸菌のえさになります。乳酸菌の善玉菌は、腸内の環境を整えます。
善玉菌が活発に働いてくれれば、排泄がスムーズになり、便秘予防、改善につながり、更に、食物アレルギーや鼻炎を良くする効果も期待できます。
 

寿命が短い乳酸菌

乳酸菌は口から簡単に摂取できます。ただ、摂取した乳酸菌は生きたまま腸に届いたとしても、腸に長くとどまるほどの寿命はなく、そのまま排出されてしまいう事が多いです。
 

そこで、玉ねぎに含まれるオリゴ糖が活躍します。

 

オリゴ糖がビフィズス菌のえさになり、胃などで消化吸収されづらいので成分が大腸まで届きます。届いた事でビフィズス菌が増え、便秘続きで増えていた悪玉菌を退治してくれるのです。
 

1週間分が、たった100円です。

 

毎日、玉ねぎを料理にするのは大変です。そこで、お勧めしたいのが玉ねぎ氷です。
 

玉ねぎ1Kgの皮をむき、上側は切り落とし、下の芯は包丁でくり抜きます。それをポリ袋にいれ、口を閉じず耐熱皿にのせ、電子レンジ600Wで20分加熱します。
 

それを汁ごとミキサーに移し、水200mlを加えピューレ状になるまで攪拌します。出来上がったら製氷皿に移し、ラップをかけて冷凍します。
 

お味噌汁、ドレッシング、納豆など入れたり使い方は工夫次第。甘いのでオリゴ糖としてヨーグルトと一緒に食べると便秘にも効果があります。