みんなのうん活 / 便秘対策 / 食事

朝?夜?便秘解消のためのお腹リズム

投稿者:yuyuyuさん
 

便秘に悩むみなさんは、トイレにふさわしい時間帯があるのをご存じでしょうか。しっかりと朝ごはんを食べて消化器を動かすと排便につながる、とよく言いますね。起き上がってすぐでは朝ごはんがのどを通らない…ということも多いでしょう。
 

ですから朝は時間に余裕を持って、頭もお腹もほどよく目覚めてから食事にすると体に負担がかからないです。「朝飯前の一仕事」という言い方は、理にかなっているわけですね。
 

ですが、もう少しつっこんで体の負担について考えてみましょう。実は夜の間に、体は多くの時間を消化に費やしています。手足などが休み、体内での大仕事にパワーを回すわけです。
 

朝の排便チャンスを逃さない

消化された残りのカスを対外に出すのが、実は夜の直後にやってくる「朝」なのです。午前中いっぱいは排便の時間。これが体の自然なリズムが求める本能です。
 

では排便前に食事をする習慣はどうなるのでしょう。これは実は、ほどほどにするほうがよいのです。排便のための準備をしたい腸。でも食事が入ってくると、カスを抱えたまま再び消化作業モードに切り替わります。ここで排便のチャンスを逃してしまうとあとあと辛くなりますね!
 

重すぎず・冷たすぎず・ドライすぎない優しい朝ごはん

でも朝食べないと、仕事や学校が始まってしまい、昼まで空腹になってしまいますね。適度な空腹を勧める考え方もありますが、血糖値が下がって集中力が落ちるなどの弊害もありますし、年齢によっては成長期の体の伸びを邪魔することになってしまうかもしれませんので、どなたにでもおすすめはしにくいかと思います。
 

そこで、消化の負担の少ないものを朝食に準備するのがよいでしょう。モデルがお寺の精進料理にありました。宿坊などに泊まると「朝おかゆ」をいただくことが多いですね。水分たっぷりの温かいものをじっくりゆっくり食べる。
 

これはお腹の求めるペースにぴったり合っていたから、今も伝えられているのではないでしょうか。少し前までは欧米でも「オートミール」が定番でした。これも温かい小麦のおかゆです。洋の東西を問わず、似ていますね。このように、重すぎず・冷たすぎず・ドライすぎない優しい朝ごはんを用意してみましょう。
 

とりあえずトイレへ

そしてお腹に「さあ、今がいいタイミングですよ」と言い聞かせながら、とりあえずトイレへ行く。
 

出なくてもがっかりしない。気持ちを先にその方向に持っていっておけば、体は必ずついてきます。しばらくの期間は試してみましょう。
 

「○○(メニュー名)が味方についているから大丈夫!」という気持ちを持続させましょう。ぜひトライしてみてください!