ダイエット / 便秘対策 / 食事

どうしてオリゴ糖が腸内環境を良くするのか?

 
オリゴ糖は、人の消化酵素ではほとんど分解できないため、そのまま大腸まで到達します。
 

そして、人間のエネルギーにならない代わりに、
腸内の善玉菌(ビフィズス菌)のエサになり、善玉菌が増えるのを促進します。
 

また、ビフィズス菌はオリゴ糖をエサにすることで増えるだけではなく、
代謝産物として乳酸や酢酸などの有機物をつくります。
 

この乳酸や酢酸が増えると、腸内が酸性になり、
アルカリ性を好む大腸菌やウェルシュ菌といった悪玉菌の増殖を抑えます。
 

さらに、乳酸や酢酸は腸を刺激しうんちを押し出す
ぜん動運動を活発にするため、便通が良くなります。
 

オリゴ糖は消化されにく成分である事から血糖値の上昇も抑えられたり、
カロリーは砂糖の半分程度でダイエットにも効果的です。
 

では、このお腹に良いオリゴ糖をどのように摂ればよいでしょうか。
オリゴ糖は、ゴボウ、たまねぎ、アスパラガス、
乳製品、きな粉、味噌などの食品に含まれています。
 

しかし含まれる量はほんのわずかしかありません。
腸内環境を良くするために摂るには、
オリゴ糖の健康食品やサプリメントを摂る事がおすすめです。
 

料理に使う砂糖の代わりにオリゴ糖。
ヨーグルトやコーヒー、紅茶に入れる砂糖の代わりにオリゴ糖。
という様に砂糖の代わりにオリゴ糖を使うと良いでしょう。
 

オリゴ糖は、「低カロリー、血糖値上昇を抑える、腸内環境を良くする」と優れた健康食品です。
便秘解消とダイエットには良いですね。