みんなのうん活 / 便秘対策 / 食事

おかゆで便秘解消

投稿者:ななきゃんさん
 

アジアでは人気のお粥

お粥というと病気の時に食べるというイメージがありますが、アジアには朝食として食べる習慣にしている国も多くあり、それほどお粥は健康にいいとされているのですね。
 

朝起きてすぐに朝食をかきこむか、食べる時間も取れずに会社に走る毎日では、自律神経のバランスがくずれ当然、腸内環境にも良くありません。
 

初夏の朝の陽射しは気持ちがいいです。カーテンを開けてすっきりと目覚める習慣をつける絶好の季節でもあります。それとともに朝だけお粥の習慣も取り入れてみませんか。
 

お粥は体を暖めながら水分を吸収

朝目覚めたらコップ一杯の水が身体にいいと言われますが、胃腸の弱い人にとっては冷たい水できゅ~んと痛みが来たりしますよね。そんな時、温かく水分の多いお粥はじんわりと身体を暖め、水分も無理なく腸に吸収されていきます。
 

お粥は腸内環境を整える効果

普通のご飯は胃にとどまる時間が長いのですが、お粥は胃から小腸から大腸へと短時間で移動していきお腹に優しく軽い感じがします。便通も良くなりますから肌にもいい影響があります。
 

お粥は体重管理にも抜群

お茶碗一杯のカロリーがご飯220カロリーの半分から3分の2ぐらいで抑えられますから無理なく体重管理も出来ます。
 

お粥を炊く時間がなければ、前日に用意しておいてレンジでチンでも良いのです。白菜や小松菜、もやしなどの野菜を入れたり、じゃこや梅干し、鳥そぼろ、卵や佃煮などで栄養バランスも考えながら変化をつけて美味しく食べて下さいね。