みんなのうん活 / ダイエット / 便秘対策 / 食事

おから蒸しパンで便秘対策

投稿者:ひらたけさん
 

便ぴ状態が慢性化すると、おなかぽっこり、おなかハリハリ、ニキビや吹き出物などの肌トラブル、だる重でやる気ダウン、ヤ~な気分で眉間にシワが定着、眠りたいのに眠れないなど、さまざまな不快症状が起きてしまいます。
 

黄体ホルモンで便秘

また女性ホルモンのひとつである黄体ホルモンには、大腸のぜんどう運動を押さえる働きと、カラダの水分を吸収する作用があるために、生理前になるとイライラ感とともに便ぴになる女性が多くいます。
 

さて、慢性便ぴや黄体ホルモンに対抗するにはさまざまな作戦がありますが、地道でヘルシーな方法は、食物繊維たっぷりの食事です。日々のメニューに、野菜やひじきなどの海草、豆類、おからなどを積極的に取り入れ、水は1日1リットル以上飲むようにしましょう。
 

「開けゴマ!」効果が期待できる食物繊維たっぷり簡単メニューをご紹介します。
 

開けゴマ!メニュー『おからの蒸しパン』

材料

  • 小麦粉 大さじ3
  • おから 大さじ2
  • 砂糖  大さじ1~2(好みで調整)
  • サツマイモ サイの目切り 3~4個(なくてもよいが、あるほうが食物繊維がより多くなる)
  • レーズン 小さじ1(なくてもよいが、ある方がおいしい)

作り方

  1. 牛乳パックの底から7センチ上でカットして蒸しパン容器をつくる。
  2. 牛乳パックの容器に、すべての材料を入れてよく混ぜる。
  3. よく混ぜたら、電子レンジ500Wで3分加熱して、できあがり。

*おからとは、豆腐をつくる過程でできる大豆の絞りカスで、食物繊維が豊富な食材。うの花ともよばれます。
具がない場合は、あつあつ蒸しパンに好みのジャムをのせてもおいしいです。
 

食物繊維は便秘対策にもダイエットにも良い

食物繊維とはおなかの中で消化されない栄養素のことで、人の消化酵素で消化されない成分のことですから、小腸で吸収されることなく必ず大腸まで届き、他の食べ物カスと混ざって便のかさを増やし、大腸のぜんどう運動を活発にして内容物をすみやかに終点へと移動させてくれるのです。
 

たくさん食べてもカロリーが低く、ダイエット効果があるのもうれしいところです。ぜひ常食にしてください。