みんなのうん活 / 便秘対策 / 運動

丹田を押して便秘解消

投稿者:ちかさん
 

へそ下を侮るなかれ

おヘソまわりは、腸などの重要器官があります。東洋医学では生命力の源とされる「丹田」があり、そこをマッサージする事が腸内環境をよくする事につながっていきます。
 

腸は「第二の脳」

腸は脳とは独立していて「第二の脳」とも呼ばれています。腸の健康が保たれると、ハッピーホルモンが放出され怒りやストレスなどを鎮めます。その事で脳が健康になり若さを維持できるので、日頃から腸内環境を整える生活を心がけたいです。
 

免疫細胞の7割が腸に集中

病気やウィルスから体を守ってくれる免疫力にも腸が大きく関わってきます。免疫は、白血球やリンパ球などの免疫細胞が働く事で機能しています。これが腸に7割近くがあるというのです。私達が心身ともに元気で過ごす為には、腸の健康が大きな影響を与えるのです。
 

丹田マッサージで腸が元気になる

腸内環境を良くするために、お勧めなのが丹田マッサージです。
 

  1. 両手を重ね、下の手のひらをへそ下に当てます。
  2. 手のひらを10cm位を、上から下、下から上へゆっくりさすります。2分程度続け、へそ下を温めます。
  3. 次に関元(ヘソから指3本下)を時計回り、反時計回りを各5回、ぐるぐる回します。
  4. そして、最後に中極(ヘソから指5本下)を揺り動かします。

 

腸が元気になれば、便秘、下痢などの悩みからも解消されます。