みんなのうん活 / 便秘対策 / 自律神経

右を下に寝て便秘解消

投稿者:おってぃさん
 

十二指腸のストレスを減らして便秘改善

現代はストレス社会と言われ、多くの社会人の方が日々ストレスに耐えながら生活している状況があります。このようなストレス社会では胃や十二指腸などの消化器官がストレスによってダメージを受けてしまい、身体の中で食べ物を消化する消化活動が正常に行われなくなってしまうケースもあるのです。
 

特に胃と共に人間の身体の中で腸と胃をつなぐ位置にある十二指腸の異常は消化器官である胃、そして腸に大きな悪影響を及ぼすおそれがあります。そこで、今回は十二指腸のストレスを減らして便秘改善につなげる睡眠方法をご紹介させていただきます。
 

「身体の右側を下にして寝る」これだけでOKです

人間の身体の中にある内臓器官の十二指腸は右側を向いて腸へとつながっています。この為、十二指腸にストレスをかけない為に、睡眠中も身体の右側を下にして寝るのがベターです。
 

身体の左側を下にして寝ると胃から十二指腸、そして腸へと続くそれぞれの内臓器官が形成するカーブが逆さまの状態になってしまい、胃酸が逆流しやすくなるなど、身体に負担がかかってしまいます。
 

身体を右側にして寝る事で十二指腸を休め食べ物を消化しやすくする事で腸内の環境を徐々に改善する効果を期待出来ます。