みんなのうん活 / 下痢対策 / 便秘対策 / 自律神経

お灸で便秘解消

投稿者:きゅうきゅうさん
 

真夏こそ大切な免疫力?

真夏の太陽の下で活動していると、どうしても体力が奪われて疲労がたまってしまいますよね。そのため内臓の動きも鈍り、便秘や下痢などの体調不良に悩まされることも。そんな夏本番には是非とも身体全体の免疫力をアップして、元気な腸を維持したいものです。
 

免疫力アップにはお灸

そこでおすすめしたいのがお灸。昔からあって、主に年配の方の間で一般的なお灸ですが、実はこの単純なお灸にこそ秘められたすごいパワーが隠されているのです。では実際に、お灸にはどんな効能があるのでしょうか。
 

まずは、基本的なお灸の作用として、血行をよくして身体を内側から温め、免疫力を高める効果があります。そのため、リンパの流れがよくなってむくみを解消したり、細胞の活性化で身体を内側から元気にしてくれるのです。
 

また、お灸の成分であるシオネールの働きによって、強力な殺菌、鎮痛といった効果をもたらします。こうした作用により、下痢を繰り返しているような方の場合お腹がポカポカと温まり、効果を発揮してくれます。
 

身体の表面に据えるお灸ですが、このように身体の内側にまで働きかける様々な効能があるんですね。特に身体には免疫力を高めると言われているツボがいくつかあるので、その部位へお灸をすえると、より免疫アップにつながります。