みんなのうん活 / 便秘対策 / 食事

黒にんにくで便秘解消

投稿者:食べ助さん
 

黒にんにくをおすすめします

にんにくが体に良いのを知らない人は居ないと思うくらい、健康食材として有名なにんにく。実は国産のにんにくの旬は、6月から初夏にかけての食材になります。そんな旬のにんにくですが、あえて黒にんにくにする事をおすすめします。
 

臭いが困る!

にんにくを食べる上での問題点、それは硫黄のような臭いがセットな事。朝は当然、夜であっても避ける方がいるくらいの問題点ですが、この臭いの原因成分(硫黄化合物)が黒ニンニクに熟成に伴い、大幅に減少していきます。食べる際には少し臭いますが、食べる量を間違えない限り、体臭や口臭にはつながりにくくなります。
 

生にんにくはお腹に厳しい・・・

健康パワーでもあるアリシンですが、胃への負担も大きく、体質や体調次第で簡単に下痢や腹痛になります。ところが黒にんにくへと熟成する過程変化する際に一緒に変化しますので、オナカにも優しい食べ物になっていきます。
 

黒にんにくはお高いイメージが・・・

黒にんにくの問題点はその価格。でも自分で作ってしまえば一気に解決です。作り方は炊飯器(絶えず保温できるタイプ)へ生にんにくを入れて1週間以上保温で放置するだけです。最初の日はかなり臭いが出ますので、室内で行う場合は注意が必要ですが、完成するとほとんど臭わなくなります。それを目安に取り出したらタッパ等臭いの漏れない容器で保管します。
 

旬の時期には価格が下がり、さらにお得に作る事ができますので、一年分まとめて作っておくのがおすすめです。
 

肝心な味や食べ方は?

黒にんにくの味は生のような味はせず、独特の酸味がします。良くフルーティーと聞きますけど、そこまで期待はしない方が良いかと思います。食べ方はそのままでも料理に混ぜても良いのですが、生のにんにくより栄養価が非常に高いので、一日に一片程度を目安にした方が無難。多く摂ったら臭いがする事があります。
 

生に比べて熟成してパワーアップする黒にんにく。まずは一度、試してみてはいかがでしょうか。