みんなのうん活 / 便秘対策 / 食事

高麗人参で便秘解消

投稿者:まこさん
 

なぜ高麗人参が便秘対策にいいの?

8月9月というと、暑い時期から残暑厳しい時期の真っ只中ですが、職場や自宅などでは冷房が常に効いており、身体が冷えを感じている時期でもあるのではないでしょうか。
 

高麗人参は血行の改善を促してくれるため、身体を温めてくれる効果があり、身体の巡りを良くすることで、便秘の改善に効果が期待できるでしょう。また、自律神経からもアプローチするため、Wの効果で便秘改善の高い効果が期待できるものです。
 

日々のストレスなどが溜まってしまうことで、自律神経が乱れてしまう問題があります。通常、便意を催すぜん動運動は、リラックスを感じている無意識の時に働くものですが、ストレスなどを感じていると、このリラックスを感じる機会が減ってしまうことが考えられます。これが、自律神経の乱れの症状でしょう。
 

でも高麗人参には、この自律神経を正常に戻してくれる働きがあるでしょう。
 

どの高麗人参がいいの?

高麗人参に主な成分として、「サポニン」と言うものがありますが、質の良い高麗人参ほど、このサポニンの含まれる種類が多いと言われています。
 

高麗人参には、「水参(すいじん)」「白参(はくじん)」「紅参(こうじん)」の3種類があり、一番サポニンの種類が多いと言われているものが、紅参でしょう。
 

一般に流通しているものは白参で、この高麗人参でも十分に効果は期待できるものですが、紅参は、6年間という長い月日をかけて作られている、希少価値の高い上質な高麗人参ですので、より高い効果を期待したいという場合は、こちらを選ばれるといいのではないでしょうか。
 

高麗人参の商品では、お湯に溶かして飲むお茶タイプのものが多いと思いますが、商品によってはお水にそのまま溶かして、冷たいまま飲めるものもありますので、8月9月の暑い時期でも、おいしく頂けるようになっているでしょう。