みんなのうん活 / 便秘対策 / 食事

花粉症と便秘対策には腸活で免疫力アップ

投稿者:Rikkaさん
 

花粉症と腸の関係

そろそろ本格的春…春といえば、花粉に悩まれる方も出てきてしまいますね。すでに、2月に入ってくると、症状がではじめる方もいらっしゃるでしょう。この花粉症と腸活なんて関係ないだろうと思われるかもしれません。でも、免疫細胞は70%も腸で作られるのです。ということは、腸内環境の状態が、花粉症の症状と比例するということも言えるのです。といいますのも、花粉症は、免疫のシステムが、崩れてしまっている状態ゆえに発症しているといっても過言でないからです。
 

すなわち「免疫の異常」が、花粉症の原因になっているとも言えるのです

ですから、腸内環境を整えれば、花粉症を軽減できるとも言えるけで、そうした観点から、積極的に腸活をしていきたいものです。では、免疫力を整えるために、どういう腸活をしたらいいのでしょうか。それは、善玉菌を増やすようにするといいのです。善玉菌優先の腸内環境を作れば、白血球、マクロファージ、NK細胞が増え、様々な感染病になるのを防いでくれるからです。
 

つまり、白血球などが元気に働けるよう細胞の酸化を防ぐことが、免疫力を高めることにもなります

 

では、具体的には、どうしたらいいのでしょう。
 

1.腸内を元気にするには、どんな食べ物を摂るかが大事

腸の中には善玉菌と悪玉菌、日和見菌の3つに分かれていますが、善玉菌が多いと免疫力が高まるのです。一方、ストレスをためたり、睡眠が不足していたり、冷やしたりして腸が元気がなくなってしまうと、悪玉菌が増え免疫力が低下していくことになります。
 

善玉菌を増やすには食物繊維とヨーグルトがいい

海藻とかこんにゃくなど水溶性食物繊維を含むものは、善玉菌を増やしてくれますし、便秘も解消してくれ免疫力を高めてくれます。

 
ヨーグルトに含まれるビフィズス菌は、細胞膜に免疫力を高める働きがあると言われています。ヨーグルトの中の乳酸菌などの善玉菌には、インターフェロンの体内産生を促進してくれますので、免疫機能を高めるのに有効だと言われています。他の免疫力を高める食品としては、
 

にんにく

にんにくは、アリインというたんばく質が多く含まれていて、アリインが酸素に触れるとアリシンに変化します。アリシンは酸素と結びつきやすい性質のため、活性酸素に利用されて体外に排出してくれるのです。にんにくには、こうした抗酸化作用でがん予防や免疫強化作用に優れています。
 

バナナ

バナナは白血球の働きを高めて免疫力を高めます。栄養価も高く、消化吸収抜群です。便秘を防ぐので腸内環境が整い、がん予防に役立ちます。日数が経ったバナナの方が白血球を増やす効果が高いと言われます。
 

かぼちゃ

かぼちゃにはβ-カロテンが豊富です。β-カロテンは、体内でビタミンAに変り、粘膜などの細胞を強化して免疫力を高めます。また、β-カロテンには抗酸化作用もあり、老化やがん予防に効果があるといわれています。かぼちゃはビタミンCやE、葉酸なども含まれており、食物繊維も豊富なので、理想の健康食品と言えます。アンチエージングなどでも、歓迎される食物ですね。
 

納豆

納豆のサポニンが免疫細胞のエサになり、免疫力を高めてくれます。納豆に含まれているサポニンは、ポリフェノールの一種ですが、がん予防、動脈硬化予防、肝機能向上、便秘改善に効果があります。納豆菌は有害な菌にだけ殺菌効果があり、乳酸菌などは増やす効果があります。大豆製品ですから、たんぱく質も豊富です。大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た成分ですから、女性の生理不順や子宮・卵巣などにいい影響を与えます。
 

鶏肉

鶏肉は良質たんぱく質の吸収がいいので病人、老人、胃腸の弱い人にはおすすめです。たんぱく質の代謝をよくするビタミンB2と合わせて食べるとより効果的。ナッツ類ににビタミンB2が豊富なので、ナッツと合わせていためたりして食べるとビタミンB2も一緒に食べられます。
 

大根

辛味の成分に免抗酸化作用があると言われます。免疫力をアップさせる「ファイトケミカル」という成分が葉に含まれています。これは葉の力と言われ、現在注目されている抗酸化作用で、カリフラワーなどの淡色野菜に多く含まれいます。また、ヨモギとかドクダミなどの雑草にもある葉の力です。
 

梅干し

梅を食べることで免疫細胞のマクロファージやナチュラルキラー細胞が活性化するようです。カルシウムやカリウムなどのミネラルやビタミン類なども豊富に含まれいますし、梅干しのクエン酸は、悪玉菌だけ退治してくれる結果、善玉菌が増えて免疫力が上がるというわけです。
 

2.他の免疫力を高める抗酸化食品

他に活性酸素を取り除く効果の高い抗酸化食品にも注目してみましょう。この抗酸化物質とは、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB群、β-カロテン、ポリフェノールなどのことです。
 

ビタミン類は、野菜や果物にも含まれていますが、ポリフェノールはいろいろ種類があり、ワインポリフェノールが代表的ですが、お茶のカテキン、蕎麦のルチン、黒豆のアントシアニン等も代表的なものです。
 

3.体を冷やないようにすること

体を冷やしてしまいますと下痢や便秘をしますし、自律神経を乱しますから、当然免疫力が低下します。他にも、肩こりとか生理不順、貧血などさまざまな不定愁訴などの原因になります。
 

特に、女性は冷えやすいですし、そのことが原因でさまざまな体調の不定愁訴に悩まされますので注意が必要です。春先は、夜昼の寒暖差が大きいので、衣類にも気をつけ体を冷やさないよう気をつけましょう。
 

冷えは、自律神経を崩してしまいますから、深刻な便秘に悩まされてしまう恐れもあるのです。また、お腹が弱い方は、深刻な下痢になるかも分かりませんので、日頃から弱い人は、腹巻とかを巻いたりして寒暖の差がある季節を乗り切りましょう。 

また、ストレスも溜めないように気をつけましょう。ストレスを受けると、交感神経が優位になり、結果、免疫力が低下してしまいます。一番簡単なストレス解消法は、ぬるめのお湯につかってリラックスしましょう。