みんなのうん活 / 便秘対策 / 自律神経

自律神経を整えて便秘解消

投稿者:にこさん
 

春に起こりやすい便秘や下痢

春は出会いと別れの季節…変化の季節です。でも、何故かこの時期になると、体が不調になる。便秘になったり、下痢になったり、それらを繰り返したりしてしまうという方も多いのではないでしょうか?
 

原因は自律神経の乱れ!

自律神経の乱れは、副交感神経の働きと直結しています。副交感神経は腸の動きをコントロールしていますから、自律神経が乱れている場合は、腸の働きにも不調が生じてしまうのです。
 

しかし、季節の変わり目でもある春は、朝夕や日によっての温度差が激しくなるため、体に大きな負担がかかります。また、生活環境の変化が大きい時期のために、心にも負担がかかってしまうのです。これらの要因によって、自律神経は乱れがちになってしまっています。
 

自律神経を整えよう

自律神経を整えるためには、規則正しい生活を送ることはもちろん大切です。でも、まずは食事と体を温めることに気をつけることから始めると、手っ取り早いかもしれません。
 

食事で気をつけること

食事では、食物繊維の多い食べ物や、酸味や辛味の強いものを摂ることで副交感神経を活発にすること。また体を温めることとも関係しますが、生姜やねぎの薬味を積極的に摂ったり、根菜類や色の濃い野菜を温かい状態で摂ることを心がけることが大切です。
 

首とつく箇所を温める

食事以外で体を温めるためには、「首」と名つく箇所の、首・手首・足首を冷やさないようにすることや、半身浴でじっくり全身を温めることが必要になります。