みんなのうん活 / 下痢対策 / 食事

温かい飲み物で下痢対策

投稿者:関東のカリ住マイさん
 

冷たい飲み物を飲み過ぎると、お腹を壊して下痢してしまうことがあります。
これから5月、6月と気温が上昇し、冷たい飲み物を欲しくなる時期ですが、下痢しない体質にするには、根本原因を解消することです。
 

原因は冷え

下痢の原因となるのは、腐ったものを食べて腸内環境に悪玉菌が増えること。そして腸が急激に冷えることで機能が低下し、消化不良を起こすところにあります。
 

後者の場合には冷たい飲み物を飲み過ぎた場合などに、下痢が起きやすくなります。いくら気温が高く暑いからといって、冷たいものをがぶ飲みしてしまうと大変なことになるので、ジュースやアイスが欲しくても、あまり摂取しすぎないようにすることです。
 

暖かい飲み物にこだわる

日頃から暖かい飲み物ばかりにしていれば、下痢をする確率は少なくなります。腸内環境を整えるためにも、暖かい飲み物、食べ物にしていくことは大切なことです。
 

冷たい食べ物ばかりにしていると、腸内異常発酵を起こして腸内が臭くなり、口臭と体臭が悪化する原因にもなります。
 

下痢したくないならば、気温が高くなってくる時期でも、できるだけ暖かいものを意識することです。