下痢対策

下痢

 

下痢と便秘は別物?

うんちの悩みと言えば、下痢と便秘です。
一見、正反対のもののように感じますが、
どちらも腸の不調が原因で起こります。
 

小腸から大腸に送られたうんちが
大腸で十分に水分を吸収されずに出てしまうと下痢、
大腸に長くとどまれば便秘となります。
 

また、便秘の中には、過敏性腸症候群などのように、
下痢と便秘を交互に繰り返すものもあります。
 

下痢になりやすいからといって、便秘にならないとは限らないのです。
 

男性が下痢になりやすい理由

男性は下痢になりやすく、女性は便秘なりやすいと言われています。
男性が便秘になりにくいのは、女性より筋肉が多く(押し出す力がある)、
女性ホルモン(うんちを固くする)による影響がないためです。
 

一方で、下痢になりやすいのは、お酒やコーヒーなど
腸内環境を悪くしたり刺激するものを多く摂取したり、
脂っこい食べ物を好む傾向があるためと言われています。
 

下痢になりやすいタイプ

  • 冷たい飲み物をよく飲む
  • 脂っこいものをよく食べる
  • コーヒーをよく飲む
  • 食べ過ぎてしまう
  • 早食いをしてしまう
  • ストレスが多い
  • 几帳面・完璧主義・神経質

こういう生活スタイルや正確の方は、下痢になりやすいので要注意です。
 

最後の「几帳面・完璧主義・神経質」な性格の方は
ビジネスで成功されている方に特に多いと言えます。
 

日本国民の10~15%いるといわれる過敏性大腸症候群(IBS)
の方にも、こいったインテリジェンス層が実は多いのです。
 

下痢は放置しておくと、腸内環境が悪化したままになります。
疲れやすく、病気になりやすい体になってしまいます。
 

下痢になりやすい方は、上記の生活スタイルを見直して、
腸内環境を整えて、腸の働きをよくしましょう!