みんなのうん活 / 便秘対策 / 自律神経 / 食事

1月、2月に便秘が増える理由は?

Aleksandr Markin / Shutterstock.com

投稿者:ジュジュさん
 

寒くなると便秘になる方が急増します。どうして便秘になってしまい、どうしたら解消できるのでしょうか。
 

1月、2月に便秘が増える理由

寒くなると体が冷えて血行が悪くなります。腸への血流量が減ってしまい、腸の働きが鈍くなります。
 

また、寒さは自律神経を乱す原因にもなります。腸は自律神経の働きの影響を受けていて、自律神経の働きが乱れると腸の働きも乱れてしまいます。
 

温めて解消

1月、2月の便秘を解消するには体を温めることが大切です。温めることで血行がよくなり、腸への血流量が増して働きがよくなります。
 

温かいとほっとして、リラックスしているときに活発に働く副交感神経が優位になります。腸もリラックスして動きが活発になります。
 

便秘解消におすすめの温め食材は、しょうが

しょうがを加熱するとジンゲロールという成分がショウガオールに変わって温め効果が高まります。
 

生で利用するよりも、生姜湯、スープなどにするとよいです。温かい飲み物が胃を温めて冷え解消効果がアップ、便秘にも良いです。チューブ入りや粉末は外出先の持ち運べて便利です。