みんなのうん活 / 便秘対策 / 運動

腹筋を鍛えてで便秘解消

投稿者:みささん
 

「正月太り」で余計に便秘に?

年末に飲み会が続いたり、お正月にゴロゴロしていたせいで太ってしまった…と言う人、多いのではないでしょうか?
いわゆる「正月太り」というものですが、実は多くの人がのんびりとしたお正月のうちに「筋力ダウン」もしています。
特に腹筋は少し怠けただけでもあっという間に落ちてしまい、これが便秘をひどくしていることもあるのです。
 

腸活には「筋肉」も大切!

腸の働きが的確に行われない原因のひとつとしては、腹筋周辺の筋力が衰えていることが挙げられます。
おなかまわりの筋肉がきちんとついていれば、その内部である腸が刺激を受けて蠕動運動をしっかりと行ってくれるのですが、反対に腹筋が弱くなると腸の動きも悪くなるのです。
 

筋肉は日々少しずつでも鍛えていないとすぐに減ってしまうものですが、特に腹筋は落ちやすいのが特徴のひとつ。
年齢を重ねるほどに筋力の低下も早くなりますから、こまめな運動が必要になります。
 

テレビを見ながらの簡単エクササイズでもOK!

「腹筋運動」というとジムで行うような激しい運動を想像して「辛い」と感じるかもしれませんが、実は寝転がった状態で簡単に行うエクササイズでも腹筋は鍛えられます。
 

まっすぐに寝転んだら、両足を一度垂直に持ち上げて、ゆっくりと下ろして行き、床から10センチ程度のところでストップ。
この状態を10秒程度保持します。
 

おへその下あたりの筋肉が動いているのを意識しながら行えば、より効果的。一度にたくさん行わず、テレビを見る時や寝る前などに分けて行っても良いので、気軽に続けられますよ。