みんなのうん活 / 便秘対策 / 食事

乾燥生姜で便秘解消

投稿者:うさちさん
 

腸内運動の正常化や便秘の解消には、体の内部を温めることが大切

「温め効果のある食べ物」としては「生姜(ショウガ)が有名ですが、実は生姜は生のままの状態では、あまり温め効果が得られないのです。
 

温め効果が高い「乾燥生姜」は、冬のうちなら簡単に自宅で作ることができますから、たくさん作って日々の食生活に取り入れてみましょう。
 

生の生姜と乾燥生姜の違いとは?

生の生姜に含まれている成分は、その多くが「ジンゲロール」。
 

この成分にも温め効果がゼロというわけではないのですが、どちらかというと解熱や胃腸関係の改善等によく効果が発揮される成分です。
 

ところが、生姜を乾燥させるとこのジンゲロールの成分が変化し、「ショウガオール」という成分が多く含まれるようになります。
 

体を温める効果が高いのはこちらの「ショウガオール」なのです。

 

乾燥生姜は冬なら自作もカンタン!

乾燥生姜は市販もされていますが、自分で作れば安価ですし、作り方もカンタン。生の生姜を薄く切って、ざる等に並べて干すだけです。
 

ただ、日本の夏季は湿気が多いため、乾燥生姜を作るのにはあまり向いていません。また冬場であっても、天日でさらして乾燥生姜を作るのには2~3日以上を必要とします。
 

乾燥生姜を作るのなら、ストーブやエアコンが効いている乾燥した室内で作るのが一番はやいですし、清潔です。
 

できたらストーブ等の前に置いて乾燥させておくと、半日~1日程度でパリパリに乾燥した生姜を作ることができます。

 

乾燥生姜は刻んで色々な料理に入れられる他、紅茶や温めた牛乳に入れるのもオススメですよ。