ダイエット / 便秘対策 / 睡眠 / 運動

Sergey Mironov / Shutterstock.com

Sergey Mironov / Shutterstock.com

 

腸腰筋(ちょうようきん)というのをご存知ですか?
腸腰筋は、腸骨筋(ちょうこつきん)と大腰筋(だいようきん)の
2つからなる筋肉で、骨盤を支え、腸の機能を左右する重要な筋肉です。
 

腸腰筋

腸腰筋

 

この腸腰筋、股関節を動かす時に動く筋肉なのですが、
デスクワークなどで長時間座ることが多い方は、
腸腰筋が凝り縮まったままで過ごしてしまいがちです。
 

腸腰筋が凝り縮まってしまうと、骨盤が前傾にゆがみ、
猫背や出尻になりやすくなります。
 

これだけでも勘弁して欲しいところですが、腸腰筋が縮まると、
内蔵を支える力が低下し、腸はその上にある内蔵に圧迫され、
辛い便秘を引き起こしてしまうのです。
 

でも安心してください。
この縮まった腸腰筋をほぐしてのばすためのストレッチがあります。
 

寝る前に行って、睡眠時の腸のぜんどう運動を促してあげましょう。
腸腰筋ストレッチはお尻の引き締めやもも裏の引き締めにも効果抜群!
 
 

ヒップリフト

【効用】腸腰筋のストレッチ、お尻引き締め、もも裏側の引き締め
 

お尻を上げた状態で、さらに半円の弧を描くイメージで
お尻を振るように動かすとよりグッド!
上半身は極力動かさないで、息も止めないようにしましょう。
 
 

日常で出来るカンタンな腸腰筋トレーニングも参考までに。
 

日常で出来るカンタンな腸腰筋トレーニング

エスカレータではなく階段を使う

楽なので、ついエスカレーターを使ってしまう方が多いと思いますが、
ここは腸腰筋トレーニングのために、階段でのぼるようにしてみてください。
股関節の伸縮を意識しながらのぼると良いでしょう。
 

定期的に腰をまわす

座りっぱなしだなぁと感じたら、
一度立ち上がって、腰をくるくるまわしましょう。
 

また、くびれまわりを意識して、力をいれたり弱めたりを
繰り返してみるのも良いでしょう。
 

以上、腸腰筋は鍛えることで、便秘が改善されるだけでなく、
お尻やお腹、下半身の引き締め効果もあります。
是非意識してストレッチするようにしてみてください。