みんなのうん活 / 便秘対策 / 自律神経

お風呂で腸活して便秘解消

投稿者:risukoさん
 

腸の動きが悪くなる原因

腸の動きが悪くなる大きな原因として、腸の冷え・運動不足・食生活・ストレスが挙げられます。
 

食物繊維をあまりとらず、ヨーグルトなどの発酵食品など腸に良い食品を取らないことで、腸内の悪玉菌が増え、腸内環境が悪くなることはよく知られています。
 

また運動不足やストレスで、腸の動きが鈍くなることもみなさんご存知ですね。
 

でも腸の冷えについてはあまり意識していない方が多いのです。
 

腸は冷えると働きが悪くなる

腸内の温度が低くなると、腸内にいる細菌の働きも弱まってしまいます。腸内細菌にとって理想的な温度は36.5℃~37.2℃で、この温度であれば新陳代謝や酵素などが活発に働くことができます。
 

ですが血行が悪い、冷え性などが原因で、腸内の温度がそれよりも低くなっている場合、良い食生活をしていて運動をして、しかもストレスフリーな生活をしていてもあまり効果は出ないのです。
 

そこで腸をもっと活発に動かすために積極的にお腹を暖めましょう。
 

オススメはお風呂で温めること

一番の方法はお風呂です。ぬるめのお湯に長時間入る半身浴や、お風呂の中でのマッサージは腸を暖め動きを活発にさせ、腸活に最適です。
 

また入浴の前に温かい飲み物を飲んでおくのも重要です。
 

温かくなった腸の中では酵素や菌などが積極的に活動し、それに伴い腸も動きがよくなりますよ。ぜひお風呂タイムを腸活タイムにしましょう。