みんなのうん活 / 便秘対策 / 自律神経

アロマオイルで便秘解消

投稿者:はなぴょんさん
 

ヤバイ…もう一週間も便が出ない…。便秘で悩んでいる人が増えています!最近では女性だけではなく、男性も便秘が辛くて悩むと言いますから結構深刻な状態ですよね。
 

便秘を解消する手段として、アロマテラピーの流行りから、アロマオイルを使って、お腹をマッサージする方がいますが、良い香りだからと言ってオイルを適当に選んではいけません。
 

便秘のパターンでアロマを選ぶ

何故なら、一口に便秘といっても大きく分けて2パターンあるからです。一つはストレスなどで腸が痙攣してしまう痙攣性便秘。もう一つは運動不足や腹筋が弱く腸が動かない弛緩性便秘。それぞれに効果的なオイルをご紹介します。
 

痙攣性便秘の場合

ストレスや緊張で自律神経が過敏になっているので、これを和らげるにはラベンダーが有効です。安全性の高いアロマオイルとしても有名ですが、ラベンダーには程よい鎮静作用があります。眠れない時にも使えますから、ストレス性の便秘に最適です。

他にも同じ様な働きのあるスイートマジョラムがあります。リラックスはもちろんですが、副交感神経を優位にするので、心身共にくつろぐことができます。催眠作用があるので、就寝前がおすすめです。
 

弛緩性便秘の場合

腹筋の力が弱かったり、運動不足のために腸が動いてくれない弛緩性便秘。腸に刺激を与える必要があるので、ローズマリーがおすすめです。ローズマリーには、胃や腸の働きを整える消化促進作用があります。香りで気持ちが前向きになりますから、心にも効果的ですよ。
 

同じく消化促進作用があるのは、カモミールです。カモミールは、胃を活発にして腸を動かしてくれます。頑固な便秘にも非常に効果がありますよ。肌荒れにも良いので、便秘で出きたニキビも治してくれます!
 

アロマオイルと聞くだけで良さそうですし、マッサージすれば効きそうな気がしますが、便秘の種類によっては、効果が感じられない場合があります。自分の便秘がどちらのタイプなのか?を判断してから、アロマオイルを選びましょう。