みんなのうん活 / 下痢対策 / 便秘対策 / 食事

抗生物質と腸内細菌

投稿者:Taramaさん
 

寒くなってくると必ず流行り出すのが風邪。普段から食べるものなどに気をつけて予防したいものですが、それでも風邪をひくときはひいてしまうものですね。軽いうちはいいのですが、ある程度重症化するとやはり抗生物質の出番です。しかしこの抗生物質、実は腸の健康を考えるとあまり飲むべきものではないのです。
 

抗生物質で腸内細菌も死ぬ

というのも、抗生物質の役割は「菌を殺す」ことに特化しているからです。菌を殺して風邪を撃退、はいいのですが、問題は抗生物質は体にとって悪い菌だけではなく良い菌までも無作為に殺して行ってしまうこと。抗生物質を飲むと腹痛や下痢、あるいは便秘になるというのはこれが原因です。
 

善玉菌を補う

そんな「抗生物質を飲むとお腹に来る」という人にオススメしたいのが、同時にビオフェルミンなどのビフィズス菌系止瀉薬を飲むこと。
 

とはいっても抗生物質と一緒に飲んではせっかくの菌を殺してしまうことになってしまいますから避けましょう。例えば朝晩抗生物質を飲む場合は昼に飲む、など時間をずらすことが大事です。
 

抗生物質を原因とする腸の不調は大抵これだけで防止できます、お試しあれ!