みんなのうん活 / 便秘対策 / 食事

冬は甘酒で便秘解消

投稿者:くりりんさん
 

寒い季節、便秘になる方が増えるようです。寒くて体が冷えると血行が悪くなって腸への血流が低下し、腸の動きが鈍くなって便秘になります。体を温めながら便秘によい食材を摂ることで、寒い季節の便秘を解消できます。
 

冬に飲みたい甘酒

冬になるとスーパーやコンビニなどで甘酒が売り出されます。甘酒には米麹から作ったものと酒粕から作ったものの2種類があります。便秘解消によいのは、酒粕から作った甘酒です。
 

どうして酒粕がよいのか

酒粕にはレジスタントプロテインという消化されにくい成分が含まれています。レジスタントプロテインは食物繊維のように働いて腸の動きをよくします。一緒に食べた脂肪分を吸着する作用もあり、便に適度な油分を含ませて滑りをよくして排便しやすくします。
 

グラタン、焼いた酒粕などでもよいですが、甘酒にして温かいものを飲むことで血行が促進されて、腸の働きがよくなります。
 

どれくらい摂ればいいのか

便秘解消が期待できる1日の摂取目安量は30~60gです。
 

レジスタントプロテインの量は酒粕の発酵具合などによって違います。つぶつぶが残っている酒粕はレジスタントプロテインが少ないようです。レジスタントプロテインが少ない酒粕の場合は、多めに摂取するとよいでしょう。
 

お腹の調子を見ながら量を調節してください。