みんなのうん活 / 便秘対策 / 食事

バジルとトマトと豆腐で便秘解消

投稿者:sada34さん
 

暑さが続くと体全体が熱を持ち、ほてった状態になります。
私たちの体は、その熱を下げるために汗をかいて体温を調節しますが、汗をかいた分だけ体内の水分の失われるので、この時期はいつもよりのどが渇き、冷たいものが欲しくなります。
 

必要以上の水分摂取に要注意

しかし、必要以上の水分摂取は、体に負担をかけるので注意が必要です。水をガブガブと飲んでしまうと、胃酸が薄まって消化能力が落ちたり、胃腸が冷えて動きが悪くなり、下痢や便秘・食欲低下を招くこともあるのです。
 

何をどんなふうに食べればいいの?

食事は、暑さを除いて渇きを癒す食材を食べることが重要です。おすすめは、豆腐、トマト、バジル。どれも体の熱を取るとともに、水分を補給できます。
 

さらに、美肌・美腸効果の高いビタミンcやカロテン、たんぱく質もとることができるので、この夏は、積極的に食べましょう。
 

豆腐

豆腐はほてりを冷まし、汗をかいて水分を失った体を潤します。冷え性や胃腸の弱い人は、加熱したり、温性の食材と組み合わせてください。
 

トマト

トマトは体の熱を冷まし、のどの渇きを止める微寒性の野菜。暑さで失われた食欲を回復し、胃を健康にする働きもあります。
 

バジル

爽やかな香りが特徴のバジルは、加熱せずに食べるのがおすすめ。疲れた胃腸の働きを促進し、消化不良を改善してくれます。